お問い合わせ
0835-38-0697

中野淳の本気の想い !

◆22歳で独立、工事管理業へ

今月は、下松市に本社を構え建設工事の請負並びに企画・設計業務を営んでおられる百合建設工業株式会社、代表取締役、中野淳君(40歳)にお話を伺いました。中野君は周南青年会議所の後輩で今年ご卒会をされます。中野君の印象はいつも礼儀正しく爽やかで笑顔でハキハキしており、本当に誰に対しても物腰が柔らかく紳士的な方です。そんな中野君は高校卒業後、外装内装業、橋梁工事等の現場で働かれ22歳の時に独立をされました。その後、職人業から工事管理業へ転換を図るため管理業を学ばれつつ大手ゼネコンOBの方を顧問で迎え入れゼネコンの手法や組織作りを学ばれており着実にステップアップをされています。

◆隈研吾×獺祭ストアーの実績!

そんな中野君にとって大きな転機と言えば・・・一昨年、世界的に有名な建築デザイナー隈研吾氏と長いお付き合いをされているある方(中野君の人生を変えた大先輩)より獺祭ストアー本蔵店を隈研吾氏が設計するために現場の工事請負業者選定に百合建設工業もいち候補として推薦をしてくれました。その後、隈事務所との遣り取りにおいて事前調査段階からのスピード感と取り組み方が特に評価され、旭酒造様、隈事務所様のご理解があり百合建設工業に決定し「隈研吾×獺祭ストアー本蔵店」の工事請負業者としてビックチャンスを掴まれました。しかし、大変だったのはそれからで・・・究極のこだわりを求められる隈事務所からの要求レベルが高く、思考錯誤の連続だったそうです。ただ、中野君の信念で「絶対にNOと言わず、求めているもの、期待されているもの以上を必ず実現する!」そんな強い想いが会社全体にあり、この大きな難関をみんなで乗り越えることが出来ました。そして昨年8月、獺祭ストアーが見事に完成し隈研吾氏から「本当によくやってくれた!これからもよろしく頼むよ!」と声を掛けて頂いたそうです。この経験こそ、今の中野君そして会社の自信となり次のステージに向かうことが出来ております。

◆ホテルマンのような現場監督!

隈研吾×獺祭ストアーを手掛けられた裏には、ご縁もさることながら百合建設工業の経営理念があったからだと感じております。是非、HPを見て頂きたいのですが、その中の一文に「ホテルマンのような現場監督を目指して」「紳士・淑女をおもてなしをする私たちもまた、紳士・淑女です」とあります。あの有名なリッツカールトンホテル、クレドの一節を引用されていますが建設業界でここまでサービス面を考えている会社はあるでしょうか?振る舞い方・メールの打ち方・喋り方・上品で優しい・自分らしさ・おもてなしを通じ常に相手にどうすれば喜んでもらえるのかを考え抜かれております。それはお客様だけでなく一緒に仕事をする仲間・関係者に対しても同じ気持ちで接していきたい中野君の考え方に共感・感銘しております。

◆世界で一番良いサービスを目指す!

中野君は「建物は大きな買い物です。同時に不満があるとストレスも大きいものです。だからこそ不安をなくす良いサービスとは何かを常に考え続け、世界で一番良いサービスを提供するゼネコンを目指します。そして、ステークホルダーを大切にみんなと一緒に良くなりたいです!」と語ってくれました。着実に業績も上げている中野君はこれから期待の経営者です。お話をさせていただき改めて彼を心から好きになり応援したくなりました。

百合建設工業株式会社



過去の記事