お問い合わせ
0835-38-0697

世界に一つだけのユニフォームをつくる

別注オーダーユニフォーム

労働環境の変化とともにユニフォームに求められる役割は、大きく変わろうとしています。まずは従業員さまの働きやすい職場を作るために、現場環境に適した素材・機能が求められます。そしてこれからの時代、ユニフォームはブランディング・メッセージツールとして、重要な役割を担います。

事例1 ビークルーエッセ様

10年ほど前に思いを形にした「キャスト」というコンセプトのユニフォーム、いまだに新鮮な輝きを放っています。

ビークルーエッセ様のユニフォームギャラリーは→こちら

事例2 柳井産業運輸 様

大胆なデザインを細心の心使いで。 和田社長の人柄が強く感じられるユニフォームになりました。

柳井産業運輸様のユニフォームギャラリーは→こちら

事例3 住吉グループ 様

創業60周年を迎えるにあたり、約2年をかけてユニフォームのリニューアルに取り組みました。

住吉グループ様のユニフォームギャラリーは→こちら

別注オーダーの流れ:BIGMOTER様

さまざまなお客様の希望や業態に真摯に耳を傾けます。すべてはそこから始まります。

業態によって傷みやすい部分も汚れやすい部分もそれぞれです。ユニフォーム製作はその仕事のリアルを学ぶ事です。

社内企画室にてデザイン提案を数パターン行い、修正を繰り返しながらサンプル作成へ。 サンプルの完成後、試着をしていただき修正があれば再度サンプルの作成にかかります。 ユニフォームはお客さまへ、そして従業員さまへのメッセージ。
その企業の想いをどう伝え、どうメッセージするか?HARADAのデザインスタッフはそう考えています。 納品後は全社一丸でサポートさせていただきます。