お問い合わせ
0835-38-0697

スタッフの日々の活動についてお伝えするトピックスです。

取締役 営業本部長 中嶋達也

人を喜ばせるのが大好き。そしてチームで喜びを分かちあうのがHARADAです。

入社はどのような経緯だったのでしょうか?

故郷は防府市富海です。小さいころからいつも海で遊んで腕白に育ちました。大学卒業後は大手自動車メーカーのディーラーで営業を4年間していました。営業職が大好きで常にトップセールスの成績でしたが「次に何を目標にしよう?」と模索しはじめたところ、HARADAの会長がお客様でしたので声を掛けていただき、新しい世界でチャレンジすることを決意しました。

HARADAの何に魅力や可能性を感じたのでしょう?

車の営業は対個人であり、営業マンは個人プレーヤーでいわば全員がライバル。企業が顧客となるHARADAの仕事は別の広がりがあり、仕事もチームで力を合わせることが多いことが魅力でした。

入社が28歳ですね。最初のお仕事はなんでしたか?

それがですね(笑)防府の製造工場の責任者が急遽退職されることになり、ピンチヒッターで私が工場の製造現場に入ることになったのです。営業畑でスーツ姿が普通だった毎日から、出社も作業服でいきなり製造現場。自分もですが親がびっくりしていましたね(笑)。しかし、この時の現場体験は後の仕事に本当に役に立ちました。会社のルーツを知る、製造現場の苦労や人の思いを知る…この実感が大きな自信と誇りに繋がっています。

その後営業現場に戻られてから、印象に残ったお仕事は?

ある程度規模の大きな企業は決裁権のある本社は東京 大阪 福岡などの大都市圏にある場合が多く、山口の営業所ではなかなか商談が進まないことも多いのです。そこで当時は九州や関西にかけて、決裁権のある本社担当者へ直談判の飛び込み営業に行きました。本社が北九州にある大手給食サービス会社へ伺ったときのことです。なんとユニフォームについてご検討段階であり他社との比較検討案を欲しかったというグッドタイミングで、ヒアリングの上HARADAの企画案をご提案し、それが採用になりました。営業マン10人年商2億の頃、6000万円の商談という大型受注は大変嬉しかったですね。

飛び込みでそんなタイミングだったとは奇跡ですね!

「先方の会社に1000人いても、行って会うのはひとり。究極は人と人との話し合い」なのです。怖がることはなにもないと思います。そして、フットワーク良く積極的に会いに行く。これがチャンスに出逢うポイントだと思います。

営業職で大切なこと、いちばんの喜びはなんでしょう?

相手の思いを聴いて、かたちにしてさしあげること。それによって「相手の笑顔をみること」です。元々私は、「人に喜ばれること」「楽しませること」が大好きなのです。そのために何をしたらいいか、いつも考えていますね。

中嶋さんの営業スタイルとして気をつけていることは?

「ヒアリングに時間をかける」ことです。私は初回ではカタログで商品説明をしないのです。まず、お客様が「何に困って何を求めているのか」を徹底的にヒアリングします。ヒアリングとはただ単に先方の話しているのを聞く、のではなく「聞き出す」ことです。やはり大抵のお客様はいきなり本音を話してはくれませんから。

「本音を聴き出す」にはやはり時間をかけるとか何度も通うとか…?

それは違います。時間がかかると効率が下がり、お客様の手間もとりチャンスも失うのです。大切なのは「一発で本音を聴けるかどうか」なのです。それには「事前準備」です。今ならインターネットや業界雑誌や情報を駆使して様々な角度から先方の勉強をし、少しでも突っ込んだ商談ができるように準備をする、私はそれが仕事の7割だと思っています。HARADAを知ってもらおうとするなら、お客様を知らなくてはなりません。

なるほど!その他に営業マンとして心がけていることは?

営業マンは第一印象が大切。心がけているのは「明るく元気に」「相手を褒める」ことです。相手のいいところ、を見つけだして、それを伝えます。コミュニケーションの第一歩ですね。あとは「自分に興味を持ってもらう」ことでしょうか。今胸ポケットにレノファ山口マスコット「レノまる君」を出していますが、こんなコワモテのオジサンがカワイイマスコットをつけていたらあれ??と思うでしょう?ギャップ萌えですね(笑)こんなことから「親しみ」や「きっかけ」が生まれて商談につながったりするのです。自分なりの工夫やアイディアを生みだすことも楽しんでいます(笑)

お客様のお誕生日も必ずお祝いのメッセージを欠かさない、と伺いました。

それは前職からずっと続けていますね。もう毎日のようにお客様へのバースデーメッセージとお祝いをおくっていますね(笑)。私には毎日でも、お客様にとっては1年に1回のこと。そして毎年続けることでご縁が繋がっていくのです。ひとりひとりを大切にする、この気持ちをかたちにして実行することです。

長年営業第一線を走ってきた中嶋さんからみたHARADAはどのような会社ですか?

いまや50人という所帯になった弊社ですが、今でも昔からのアットホームな社風は変わりません。社長は社員全員の誕生日にバースデープレゼントを贈ります。チームとして協力し、納品や仕分けなどが大変なら職種や仕事を越えて手伝って助け合う。「苦しみや悩みはみんなで分け合えば50分の1になり、喜びは50倍になる」そんな会社です。私はその中で営業として走ってきました。これからも、営業マンの姿や考え方を後輩に「背中で教える」ような存在でいたい。背中で教えるために…これからも先頭を走っていく「生涯営業マン」としてがんばるつもりです!

休日などの趣味は何でしょう?

プライベートではヨークシャテリヤが2匹いますので、休日は散歩を楽しんでいます。あと、空手や剣道もやっていましたのでジム通いは欠かせません。精神も肉体もトップを走って行きます!

最後の質問です。ご自分を動物にたとえるとしたら何ですか? 

「人なつっこい犬」ですね!

ではご自分を「ユニフォーム」にたとえたら何でしょう?

自分がユニフォーム・・・ではありませんが、人を喜ばすことが好きで誰かの笑顔が見たいので、どんなユニフォームにも挑戦します!たとえナースウェア、オフィスウェア、コスプレであっても(笑)因みに、下の写真に私が写っていまが・・・わたしはどれでしょう???



過去の記事